読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肖像

27歳、会社員。日記とめも帳

(映画)Crimson Peak クリムゾン・ピーク

映画
※映画レビューは基本的にネタバレです。
舞台は20世紀初頭、主人公イーディスがクリムゾン・ピーク(深紅の峰)での出来事を小説にするまでを描いたゴシックホラーストーリー。
◆感
イーディスの夫であるトーマスと、夫の姉ルシールは愛の為、生きる為、夢のために資産家の娘を狙い、トーマスと結婚させ資産が手に入ると殺害する、という猟奇的な生活を送っていたがトーマスは純真で、縋るように愛してくれるイーディスに心を奪われて行ってしまい姉の嫉妬が狂気と化してしまうのだけれど、トーマスは少しずつ姉を恐れていたんだろうな。狂気になった愛は美しいけれど応え続けるのは簡単なことじゃない。普通の愛より何倍も自分を含めた色んな犠牲が発生するから。
そしてイーディスは自分がただの駒であることを知りつつも、愛するトーマスがルシールに気付かれないように守ってくれていたことに気付いていたからこそひとりでクリムゾン・ピークを去ることが出来なかったのだろう。
陶酔しすぎた愛は誰かが起こしに来てくれない限り、夢のように続くことを祈り毎日を紡いでしまう。
 
「美しい不幸と愛そして深紅。」
 
◆想
ストーリーは捻りがなくありきたりな感じ。ストーリーに重点を置く人にはあまりお勧めできない映画。
パンズ・ラビリンス(2006/ギレルモ・デル・トロ)のほうが子供特有の心理描写を上手く描いていてかつ、どんでん返しな展開で考えさせられる作品でした。
それでもこの作品に魅入ってしまうのはギレルモ・デル・トロ監督の妥協を許さない当時の背景を忠実に再現したセット、衣装。そしてキューブリックを連想させるようなカメラワークがあってゴシックホラーの名にふさわしい映画に仕上がっているから。
亡霊の黒に飲み込まれるような描写にぞくぞくさせられて、堪らなく大好き。
そういえばウーマン・イン・ブラック(2012/ジェームズ・ワトキンス)も黒、灰、青色の使い方が本当に闇に飲み込まれそうでぞくぞくしたことを思い出す。
正直ストーリーは全然覚えてないけど、映像のインパクトは凄かった。
あとこの映画の見どころは何と言っても主人公のイーディスを演じたミア・ワシコウスカ、そして衣装。
ゴシック調のシルクチュールをいくつも重ねた繊細なドレス。色も登場人物の性格や心情によって分けられているとのことで衣装は惚れ惚れしてしまうほど美しく、その衣装をより一層際立たせているミア・ワシコウスカの白い肌、膨らみを持ったドレスから連想させる華奢な身体つきにもうっとりしてしまう。彼女の演技は表情がとても細かく完成されていて表情でその場の状況や心情を訴えられる力がある。
映像美や報われない愛、そしてゴシックホラーを好む人にお勧めです。